電話占いを依頼しても当たらないと実感してしまうのはなぜですか?

電話占いを依頼しても当たらないと実感してしまうのはなぜですか?

電話占いが当たらないと感じてしまうことは、相談内容が解決に向かっていないことを意味しています。

根本原因を見つめ直すことで、電話占いによる悩みの解決へ向かう方法があります。

悩みが深いほど視野が狭くなりがちですから、主に次の2点を確認するだけでも電話占いの精度が上がります。

占術式が電話占いと合っているか確認しよう

交際中の彼氏が今何を考えているのかといった個別具体的な相手の心情を占うことは、統計学的な占術式では大雑把に傾向しか分かりません。

特定の個人が今現在どう考えているかといった相談内容に対しては、霊感占いやタロット占いといった特殊能力やストーリー性が求められる占術式が適しています。

四柱推命を指定しても同じ属性の人に対する統計的な事柄は分かっても、特定の個人がリアルタイムに考えている内容の占いには適しません。

相談内容を解決する方法として電話占いに合った占術式で占っているか、強引に占術式を自分で占い師に押し付けていないか確認してみましょう。

占い師の質が悪い可能性を考慮する

電話占いは自宅にいながらにして占い師の鑑定を受けられるメリットがありますが、同時に占い師の能力が必ずしも相談内容に合っているとは限りません。

凄腕の占い師ほど鑑定時間が短く、ズバリ問題を指摘してアドバイスをすぐにしてくれるからこそ1回の電話占いだけで解決しがちです。

しかし、電話占いは対面式占いとは異なり1分単位の課金システムですから、予約が殺到している人気占い師以外はなるべく時間を引き伸ばさないと占い師の収益になりません。

このため、価格や雰囲気だけで占い師を選んでしまうと、問題解決せずに余計な費用ばかりが掛かって何度も占いを依頼することになるわけです。

記事
初めての電話占いを成功させるための秘訣
タイトルとURLをコピーしました