電話占いを依頼する頻度はどれくらいが適切ですか?

電話占いを依頼する頻度はどれくらいが適切ですか?

電話占いを依頼すると対面式占いとは異なり1分単位の料金体系となっているため、ついうっかり話し込みすぎると高額な料金となりかねません。

月に何十万円も使ってしまうことは、経済的だけでなく精神的にも依存度が高すぎることになるので、利用頻度を下げなければ心の健康に悪影響を与えます。

では、どのような頻度で電話占いを利用すれば適切だと考えられるのでしょうか。

1カ月に使用可能な予算を先に決める方法

電話占い師ごとに1分あたりの相談料が変わってしまうこうとから、1カ月に使用可能な予算を先に決めてしまい、どうしても悩みが自力では解決しない時に相談するよう決めれば使いすぎの心配を減らせます。

月に何回か電話占いを利用する可能性があるならば、電話占いの費用を手取り月収の10%以内と決めてしまえば経済的な上限を設けられます。

どうしても電話占いを増やしたければ、収入をアップさせれば良いので悩む時間を減らすことで同時に依存度を下げられます。

1回の電話占い時間を先に占い師へ宣言する方法

1度電話占いを利用すると、つい話し込んでしまうようならば、対面式占いでは20分または30分で1セットという鑑定料金が一般的な点を参考にすると良いです。

1回の電話占い時間を占い師へ繋がって挨拶を行う段階で予算として20分または30分と宣言してしまえば、リピーターが欲しい占い師ほどオーバーしないように回答時に時間調整を行ってくれます。

時間調整が下手な電話占い師は、残念ながら占い師としての腕もそれなりでしか無いために話を時間内に纏められない占い師を次回から避けられるというメリットがあるわけです。

記事
初めての電話占いを成功させるための秘訣
タイトルとURLをコピーしました